メニュー
地域コミュニティ
サイト内の検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


今日の給食

2016年7月1日(金曜日)

   昨日6月30日の本荘中学校の学校給食は、「ふるさと食材の日」献立であり、「(岐阜)市制の日」献立であり、「信長公のおもてなし」献立でした。いろいろな意図が含まれた学校給食でした。本日7月1日は、岐阜市誕生の記念日です。また、日本遺産サミットin岐阜が開催されました。これは、昨年度岐阜市が、地域の魅力を語るストーリーを国が認定する新たな制度「日本遺産」に第一号として認定され、日本遺産の「これから」を語り合うものです。岐阜は、『「信長公のおもてなし」が息づく 戦国城下町・岐阜』として認定を受けました。今一度、岐阜の魅力を再確認して、語り合ってみましょう。ということで、昨晩の夕食では、生徒たちが議長となって、各ご家庭の食卓を囲んで、プレ日本遺産サミットinわが家を開催してくれたと思います。そのきっかけとして、この学校給食献立も話題となりましたね。

 

IMG_7988.JPG

副菜:枝豆の塩ゆで  枝豆は、正に今が旬です。ふるさと食材は岐阜県産であること。更に、岐阜市産のものであることから、岐阜市制の日には欠かせない一品です。生産地は、本荘中学校から北北西の島地区です。

 

IMG_7990.JPG

主菜:鮎の胡麻味噌だれ  本荘中学校の北を流れる長良川は、鵜飼いで有名です。1300年の歴史があり、信長公の戦国時代にも行われていた漁法です。そこで漁獲されるのが鮎(アユ)。塩焼きがスタンダートですが、学校給食では焼き物調理ができません。揚げ物調理にすることで、骨も頭もたべることができました。

IMG_7989.JPG

主食:わかめご飯 委託米飯での学校給食です。炊き込みご飯はできないところを、今回わかめご飯の素と一緒に炊き上げてもらいました。勿論お米は岐阜県が誇る<はつしも>です。

IMG_7991.JPG

汁物:清流汁 信長公が岐阜城から眺めたであろう清流・長良川を描写した汁物です。鰹節から引いた出汁は絶品です。小石に見立てた生椎茸は山県市産、水藻を表したホウレン草は飛騨産です。


2016年5月19日(木曜日)

  今年も、「毎月19日は、食育の日」で、その日の学校給食をお知らせします。


  ご家庭の食卓で、食べものの話題に学校給食も入れて、話の花を咲かせてください。


CIMG4240.JPG  CIMG4241.JPG  CIMG4247.JPG 

 主菜の「肉じゃが」には、ニンジンが入っています。ニンジンは、岐阜市の東隣・

各務原市産です。

 じゃが芋の県内産ではなく、長崎県産でした。今・三年生が修学旅行に出かけた県の物ですね。  「肉じゃが」のできあがりです。今が旬のサヤインゲンが、輝いています。
 CIMG4242.JPG  CIMG4243.JPG  CIMG4248.JPG

 今日の「すまし汁」の青味は、ほうれん草です。暑い夏の間は、飛騨地方から

ほうれん草が来ます。

 椎茸は、生しいたけを使いました。今日は量が少ないので、箱入りではありません。  「すまし汁」のできあがりです。彩りのきれいな「すまし汁」ですね。
 CIMG4245.JPG  CIMG4246.JPG  CIMG4249.JPG

 納豆の薬味の葱です。これも岐阜県産の岐阜市産です。3年生がいないので、全校で

2束でした。

 納豆は、岐阜県産大豆使用のものです。県産大豆と言えば、大粒の「フクユタカ」です。  これが、5月19日・今月の食育の日の献立です。今日は、ふるさと食材の日で、県産食材が目白押し!


2016年2月22日(月曜日)

 二月:食育の日(2/19)は、待ちに待った揚げパンの登場! 一年生は中学生になって初めての揚げパン、二年生は昨年度一回、今年度一回と待ちに待った揚げパン、三年生は学校給食で最後の揚げパン、それぞれの思いを持って食べました。

 これほど好まれる揚げパンです。是非ご家庭でも作ってみてはいかがでしょう。

IMG_5197_1.jpg

 給食では、新しい油を170℃前後に温め、パンの周りに油を塗布するように揚げます。

IMG_5200.jpg

 コッペパンを入れたら、浮かんでくるパンを沈めるように揚げます。

IMG_5201_2.jpg

 パンの周りの油は、振りかけるシナモン・シュガーを付ける糊の働きです。

IMG_5202.jpg

 パン箱の中に一杯入った揚げパン、1クラス分です。

IMG_5203.jpg

 それもそのはず、中学校では一人2本の揚げパンです。

IMG_5204.jpg

 揚げパンの日の給食です。いつもの給食とは、食器の並べ方が違います。気づきましたか?バランスを考慮し、学校給食ではうまく組み合わされた献立になっています。


2016年1月29日(金曜日)

 岐阜市の学校給食では、野菜の切り方も本格派をめざしています。例えばニンジン。いつもどんな料理でもイチョウ切りではなく、中華料理では片切(ぺんぎ)りと呼ばれる菱形に切ることがあります。白菜では軸と葉を切り分けることは勿論のこと、軸の部分は味がしみ込みやすいようにそぎ切りにして切断面を広げたり、シャキシャキ感が残るように繊維質に沿って切るなどの工夫をしています。これも、野菜裁断機ではできないことで、調理員さんの包丁さばきの腕の見せ所です。

IMG_4944.jpg

 ニンジンの片切(ぺんぎり)、まず筒状のニンジンへ斜めに包丁を入れます。

IMG_4945.jpg

 斜めに切られたニンジンを、上から3mm幅に切っていきます。

IMG_4947.jpg

 簡単そうですが、一度やってみてください。方向を間違えると、菱形には切れません。

IMG_4948.jpg

 白菜は、衛生的に葉を一枚一枚はがして洗浄し、次の作業の為きちんと並べられます。

IMG_4951.jpg

 白菜の軸は、まず繊維の沿って2cm幅に切り、包丁を寝させてそぎ切りにします。

IMG_4952.jpg

 これで、クタッともならず、味の浸み込みやすい白菜が切れました。

 今日の学校給食は、

主食:米飯

牛乳

主菜:豆腐の中華煮

副菜:春巻き

副菜:甘酢和え  でした。

 にんじんは豆腐の中華煮で、白菜は甘酢和えに使用されました。

IMG_4954.jpg

 

 岐阜市では、学校給食で使用される食品を定期的に検査しています。一般的な細菌検査や残留放射能検査、パンや牛乳では栄養価や成分検査も行っています。検査結果は、岐阜市のホームページをご覧ください。


2015年11月25日(水曜日)

今月の食育の日・11月19日の学校給食です。

IMG_4640.jpg

地産地消のほうれん草は、岐阜県内産の上に、さらに岐阜市産です。

IMG_4641.jpg

勿論、Gマーク:ぎふクリーン農業の認定を受けたものです。

IMG_4638.jpg

この大きく切った葱は、芋の子汁で使い、ちょっと煮込んで旨味を引き出します。

IMG_4637.jpg

もっと大きくブツ切りにした葱は、鯖の味噌煮で臭み抜きに生かされます。

IMG_4642.jpg

岐阜市の魚料理は、煮魚か揚げた魚料理です。炊き上がった「鯖の味噌煮」です。

IMG_4643.jpg

芋の子汁も仕上がりです。葱の旨味も欠かせないものです。

IMG_4644.jpg

ナフキンを敷いて、食器は持って、食べています。好評なのが鯖の味噌煮でした。

IMG_4646.jpg

これが、本日の給食です。

IMG_4645.jpg

机を寄せ合って、グループで食べています。


2015年10月20日(火曜日)

今月・10月19日、食育の日の学校給食は、味の旅・献立です。

さて、どこへ旅するのかな? 今回の味の旅は、国内です。では、何県でしょう。

IMG_4031.jpg

 7月から11月までが旬の<太刀魚>です。切り身なので、太刀らしくないですが、正真正銘<太刀魚>です。魚の漁獲があるということで、海に面した県です。↓

IMG_4032.jpg

 <大豆>から<豆腐>が作られ、<豆腐>から作られる<高野豆腐>です。この県にある具体的な地名が出てきました。海あり山ありの県です。↓

IMG_4033.jpg

 これから旬を迎える<温州ミカン>の生産量は、全国一位です。江戸へミカンを運んだ紀伊国屋文左衛門のお話もあります。

IMG_4034.jpg

 <太刀魚>の切り身に、醤油等で下味をつけ、澱粉を絡めて揚げました。「太刀魚の空揚げ」のできあがりです。

IMG_4035.jpg

 今日は、一般的な煮物に仕上げ卵でとじた「高野豆腐の玉子とじ」です。

IMG_4036.jpg

 汁物は「すまし汁」で、醤油味です。醤油は、この県から関東に伝わり、今では千葉県銚子が主な生産地とされています。

IMG_4037.jpg

 これが、今月の味の旅、和歌山県の献立です。


2015年6月23日(火曜日)

  6月は、食育月間です。また、毎月19日は、食育の日です。そこで、6月19日は、大・食育の日ですね。

IMG_2269_1.jpg

 給食室でできあがったばかりの今日の学校給食献立です。

 [ぎふケン]が、【ふるさと食材の日】であることを、吠えて知らせています。

主    食:米粉・食パン

       :いちごジャム  パンに塗って食べましょう。

牛    乳:毎日毎日、学校給食には欠かさず出てきます。→牛乳

副食・主菜:ポーク・ビーンズ    →大豆・鶏肉・人参  

    汁物:大根とチキンのスープ→生椎茸・大根・万能葱

    副菜:小松菜のソテー    →小松菜・太モヤシ 

                      →これらは、県内産食品です。

   

 

IMG_2270_2.jpg

  給食室で使用する食材は、どこで生産された食材か、気になります。今日は、給食室で加熱調理をしない食材に、目を向けてみます。

 まず、主食のパンです。岐阜県では、平成23年度より米穀の使用拡大を図って、米粉を混ぜたパンが提供されるようになりました。現在は、米粉:小麦粉=1:4で焼き上げたモッチリとしたパンが提供されています。

 <いちごジャム>は、給食用の<いちごジャム>でも、ましてただの<いちごジャム>というだけではありません。岐阜市で生産された<いちご>を使用して、岐阜市内の加工工場で、試行錯誤の工夫を重ね生まれた、岐阜市学校給食だけの<いちごジャム>です。

 さらに、パンの加工工場もジャムの加工工場も、かっては本荘中校区にあったところです。現在は、校区外へ工場だけを移転していますが、ある意味では本荘中学校・校区で生み出された食材です。

 

IMG_2273_1.jpg

 教室での給食を食べている様子です。お腹が減ってか、食がドンドンすすでいます。食べるときも、一つの食器毎に平らげているような食べ方も見受けられます。食べる時も、バランスよく、そして、もう少しゆっくりと、味わって食べてくださいね。

 

IMG_2274_1.jpg  このクラスでは、配膳が遅いです。でも、ナフキンの上には、「食事のマナー」に基づいて、食器が並べられています。食器の置き場所から、主食・牛乳・主菜・汁物やスープ・副菜が揃っていることで、食事バランスが整っていることの確認ができてます。食事をするときには、食器を並べるということからも、食育に繋がる実践ができます。


2015年5月20日(水曜日)

 

IMG_1141.jpg

「今日もおいしい給食を作りましょう。」とミーティングをします。

IMG_1142.jpg

沢アザミは、水煮をした真空パックで納品されます。

IMG_1144.jpg

飛騨・美濃伝統野菜のロゴが、表示されています。

IMG_1145.jpg

沢アザミに鉄分が多いため、色の良くない蕗みたいです。

IMG_1147.jpg

今日の給食には葉物野菜が一杯。キャベツ・菠薐草・青梗菜!

IMG_1148.jpg

沢アザミの軸は太いので、縦長にていねいに四分割しました。

IMG_1149.jpg

蒟蒻や人参を炒めたところへ、沢アザミを加えました。

IMG_1151.jpg

できあがった沢アザミの金平を、クラス毎に配りました。

IMG_1153.jpg

小食器に盛りつけられた沢アザミの金平です。

IMG_1154.jpg

今日の給食です。米飯、牛乳、主菜:豚肉のスタミナ焼き、汁物:すまし汁、副菜:沢アザミの金平です。

IMG_1155.jpg

見た目は蕗のようですが、牛蒡のような香りのする沢アザミです。初夏の味わいを楽しんでみましょう。


2015年3月20日(金曜日)

 19日は、食育の日であり、学校給食では【ふるさと食材の日】です。

今日の給食は、乾燥大豆や太モヤシ、小松菜、生椎茸が岐阜県産の食材でした。

IMG_9801.jpg

岐阜県産の小松菜です。納入された箱には<岐阜ハウスこまつ菜>と表示されています。

IMG_9802.jpg

<岐阜ごうど>より安八郡神戸町産です。

IMG_9803.jpg

箱の右上を見ると、<ぎふクリーン農業>の表示と、マークのシールもついていました。生産者名も分かります。

IMG_9804.jpg

箱の中は、袋入りでなく、学校給食用にきれいに並べて入っていました。

IMG_9806.jpg

この小松菜で、「小松菜のごまあえ」ができあがりました。

IMG_9808.jpg

教室へは、ボール食缶で配缶されます。

IMG_9809.jpg

生徒が、衛生的にマイ・エプロンで、手慣れた様子で配食しています。

IMG_9810.jpg

机上では、ナフキンの上に、正しい食器の配置で並べられました。食事バランスが整っていることも確認できました。

IMG_9811.jpg

さあ、食べ始めました。ご飯は、正しくお箸と丼食器を持って、食べています。

IMG_9813.jpg

「小松菜のごまあえ」に限った全校での残量です。二人分ほどが残りました。

IMG_9805.jpg

生椎茸も岐阜産です。旨味の詰まった石突きの部分も活用し、すまし汁の中に加えました。

IMG_9812.jpg

今日の給食、料理毎にまとめた残量です。とても少ないです。食への感謝の気持ちが現れています。


2015年1月19日(月曜日)

 

 平成27年の新年を迎え、衛生管理の原点に立ち返り、今年も安全・安心な学校給食を第一に考え、本荘中学校の学校給食を運営してまいります。

IMG_8692.jpg

 朝一番の仕事は、95項目に及ぶ「学校給食衛生日常検査表」に基づいてのチェック確認から始まります。

IMG_8693.jpg

 電車ゴッコのような体型は、白衣の肩や背中に糸くず等の異物や、頭髪が出ていないか確かめています。体の前面は、自分で鏡を見れば確かめられますが、背中は分かりません。全員でできるように、円陣を組んで行います。

IMG_8694.jpg

 生徒に提供する蜜柑も、1・2・3の水槽で三度、一個ずつ洗浄します。特に、ヘタの部分は凹凸があるので、入念に洗います。ちなみに今日は、岐阜県の南濃みかんです。

IMG_8695.jpg

 今日の給食は、味の旅「岐阜県」の献立です。使用される青果も、岐阜県産がありました。ネギは飛騨美濃伝統野菜の「徳田ねぎ」、ほうれん草はGマーク:クリーン農業の岐阜市産でした。

IMG_8696.jpg

 堅い牛蒡も、調理員さんの手にかかれば、きれいな繊切りに切りそろえられました。ただ包丁で切るだけでなく、異物が混じらないよう傷みがないよう、確認しながら作業は進められます。

IMG_8698.jpg

 これから、擬汚染物の魚介類を取り扱います。まず、汚染が飛び散ることを想定して、専用エプロン:危険を現す赤色に着替えることからはじまります。

IMG_8699.jpg

 調理器具は、先に使用したときの汚染が移行しないよう、使用と使用の間に、アルコール消毒が行われます。

IMG_8701.jpg

 「虹鱒のから揚げ」は、揚げ油からのシャカシャカという音でカリッと揚がったことの確認ばかりでなく、実際に肉質の中に温度計を差し込んで、温度確認をしています。

IMG_8702.jpg

 岐阜市の学校給食は、果物やデザートなどを除いて、全て85℃・90秒以上の温度が確認されたものを提供します。和え物も例外でなく、今日の「ホウレン草のエゴマ和え」も、ホウレン草やモヤシを予め下ゆでし水で冷却したため、再加熱しなければ提供できません。

IMG_8703.jpg

 冷却されたホウレン草を、煮立った和えごろもの中へ入れます。

IMG_8709.jpg

 和え物の煮浸しも、炒め物のように加熱します。

IMG_8710.jpg

 85℃・90秒以上の温度があることを、確認しています。それも、最低3箇所の地点で測定します。どんな料理の時も、同様な温度確認がなされて、給食のできあがりとしています。

IMG_8713.jpg

 一つの食材を切り終えた毎に、度々包丁の状態を確認します。万が一、刃こぼれなどが発生していないかの確認です。

IMG_8714.jpg

 スパテラと呼ばれる回転釜の中で、食材をかき回す時に使用する金属製の調理器具です。回転釜とは、金属と金属が触れ合うので、摩耗からの破損が生じるかもしれません。実際に、手で触れて、摩耗や破損の有無を確認しています。

 

 


2014年12月19日(金曜日)

記事
カレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今月>
Google検索

ページトップへ

本荘中学校ほんじょうちゅうがっこう

住所:500-8378 岐阜県岐阜市雲雀ヶ丘1番地 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-251-3450 FAX:058-251-3451

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.