メニュー
地域コミュニティ
サイト内の検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


校名について

 昭和22年4月1日、新制中学校「岐阜市立第五中学校(生徒数293、職員数24)」として設立され、翌年の昭和23年9月1日に「岐阜市立加納中学校」と校名が変更されました。当時、城南中学校・沓井中学校・舟田中学校などの名案が多々ある中で、初代校長の伊佐治清市先生が、将来を考えたときに地名をとることが一番望ましいと判断され「加納中学校」と名付けられました。

校章について

校章(新星).jpg

校章の由来

【校章のデザイン】

梧桐(あおぎり)の葉と花に、学問に必要なペンと校名「加中」を入れてデザイン化したものです。

校章の表すもの】

鳳凰(昔、中国でめでたいものとされた孔雀に似た想像上の鳥)は、1回梧桐(あおぎり)にとまり、それから天に舞い上がったと言い伝えられており、梧桐は学問の象徴とされています。(中国の故事に「鳳凰は巣立つ前に梧桐に宿る」とあります。)未来に羽ばたく若者が、巣立つ前に宿るにふさわしい学校で一生懸命勉強し、たくさんの良いところを持った人になってほしいという願いが込められています。

校歌について

校舎(正門鉛筆画).jpg

 岐阜市立加納中学校校歌

 

作詞 木俣  修             作曲 松本民之助

 

 金華山 春は煙りて

萌えはずむもの 椎の若葉

眉清きわれら

はつらつと ここに学ぶ

栄えある歴史を継ぎて

極めよ日も夜もひとすじに

かざせよつねによき理想

今日またゆたかにのびゆかん

ああわが 加納中学校

 

 長良川 真日に明かりて

瀬に勢うもの 鮎は匂う

意志強きわれら

すこやかに ここに励む

かがやく伝統を踏みて

磨けよみずから生生と

ひらけよさらにその創意

たゆまず正しく生きゆかん

ああわが 加納中学校

 

 伊吹山 雪に鎮みて

風しろく澄む 美濃の大野

思慮深きわれら

たくましく ここに鍛う

秀いずる 先進を遂いて

振るえよ 共に凛凛と

果たせよ肩に負う使命

明日ありこぞりて世に立たん

ああわが 加納中学校

 

校歌の誕生

 

校の校歌が誕生したのは、設立15年後のことです。

昭和37年6月7日に木俣修先生が本校を訪問され、校風や生徒の気質などを肌で感じていかれました。待つこと5ヵ月、木俣修先生直筆の歌詞と楽譜が本校に送られてきました。そして、同年12月3日に木俣修先生をお招きして、全校生徒2、898人が岐阜市民センターに集い、校歌発表会を行いました。

こうした歴史のある校歌が歌い継がれて48年の歳月が経ちます。今回行われた体育祭では「かざせよ常によき理想」「ひらけよさらにその創意」「振るえよ共に凛凛と」と校歌に歌われている姿が見られ、現在の生徒にもその気質が引き継がれていると感じています。

校友歌について

空澄2.jpg

 校友歌「空澄」は、行事等に向かう時の士気を高めたり、やりきった時に互いの頑張りを讃えたりする時に肩を組んで歌うものであり、職員・生徒が親しんでいる歌です。

 

 毎年、4月に行われる生徒会対面式において、先輩から新入生へ校友歌の伝授が行われます。

 


記事
カレンダー
前月2020年 1月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
<今月>
Google検索

ページトップへ

岐阜市立加納中学校 加納中学校かのうちゅうがっこう

住所:500-8252 岐阜県岐阜市加納舟田町9番地 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-271-3577 FAX:058-271ー2067

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.