メニュー
地域コミュニティ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


学年便り

2014年7月29日(火曜日)

 6月30日(月)に、生活科の「いきものとなかよし」の学習で、醍醐寺と学校が借りている畑に出かけました。朝、登校してくる時から、虫かごを大事そうに持って来て、「虫がいるかな?」「バッタをつかまえたいな」などと話していました。「どんな生き物がいるだろう?」と、すごく楽しみにしている様子がよくわかりました。

 まず、醍醐寺に出かけました。事前に下見に行って、あまり虫がいないかもしれないと心配していたのですが・・・。子どもたちと探してみると、びっくり!丈の低い草原にも何種類もの虫がいました。草を踏んで歩いていくと、足元から何匹ものバッタがぴょんぴょん跳び出します。自分の足元をよく見ていると、それに気がついて、「あっ、いた!」とバッタを追いかけます。何匹も何匹もつかまえている子もいました。反対に、「まだ1匹もつかまえていない」という子は、どんなふうに見ているとよいかがよくわからないようでした。「こうやって、歩いてみると、跳び出すだろう?」と教えると、小さな小さなバッタに気がついて、喜んでいました。かまきりや、おたまじゃくしをつかまえることのできた子もいました。次に、学校が借りている畑に行きました。三輪南保育所の前にある畑です。畑につくと、早速かえるがぴょんぴょん跳びはねて逃げて行きます。歩いていくと、バッタも、コオロギもたくさん出てきます。すごくたくさんの生き物がいました。かえるばかりを5匹も6匹もつかまえる子、コオロギばかりを10匹以上つかまえる子、大きなかえるをつかまえようとしている子など、いろいろな子がいました。つかまえた生き物を、「こんなにつかまえたよ」とうれしそうに見せてくれました。

 自分のすぐ身近なところに、すごく多くの生き物がいることに気がつくことができました。ただ生き物をつかまえて終わりにはしたくはないと考えています。つかまえた生き物は、早く死んでしまいます。そういった生き物にも、自分達と同じ命があり、大切にしていかなくてはいけないという気持ちを育てていきたいです。また、そういった生き物に興味をもち、「どうやって生きているのだろう?」「食べ物は何かな?」「どうやって育てたらいいのだろう?」と考える機会にしていきたいと考えています。夏休みも近いです。身近な生き物に触れ、いろいろ学んでいけるといいと思います

IMG_1907.JPG IMG_1908.JPG IMG_1910.JPG
IMG_1909_1.JPG IMG_1911.JPG IMG_1913.JPG

サイト内の検索
カレンダー
前月2020年 5月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今月>
Google検索

ページトップへ

三輪南小学校みわみなみしょうがっこう

住所:501-2577 岐阜県岐阜市太郎丸1034番地 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-229-1013 FAX:058-229-1137

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.