メニュー
地域コミュニティ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


今日の給食

2019年2月25日(月曜日)

2月25日あんからめ.jpg 

2月25日の給食は、とても人気のある豚肉のあんかめでした。

豚肉は、今回のように「しょうが焼き」のときに使う厚みの豚肉を使うこともあれば、

2儚討離灰蹈灰蹐靴親敍を使うこともあります。熱々でも冷めてもおいしくいただけるので、

夕ご飯だけでなく、お弁当のおかずにもできます。

そこで、今回はレシピを紹介します。ぜひ、ご家庭のレシピに加えてください。

ちなみに、角切りよりも豚肉スライスの方が柔らかく仕上がりますが、お弁当に入れるにはかさばります。

そこで、スライスをくるくる丸めてロールにすると、柔らかいし、お弁当にも収まりがよくなりますよ。

■豚肉のあんからめ
 【 材料 】1人分
  ・豚肉 ……… 50g
  ・酒 ………… 2g
  ・しょうゆ … 1g
  ・しょうが … 0.5g
  ・片栗粉 …… 8g
  ・揚げ油 …… 適宜
  あん
   ・ウスターソース …… 2.2g
   ・砂糖 ………………… 3.5g
   ・しょうゆ …………… 1.8g
   ・鶏がらスープの素 … 0.6g
   ・片栗粉 ……………… 0.3g
   ・ごま油 ……………… 0.6g

 【 作り方 】
   豚肉にしょうが(すりおろし)、酒、しょうゆで下味をつける
   ,吠匏粉をつけて油で揚げる
   あんの調味料を合わせて火にかける
   片栗粉を水で溶き、に加えてとろみをつける
   い砲瓦淕を加えて香りをつける
   豚肉にイ鬚らめる


2019年2月6日(水曜日)

5日_01.jpg 5日_02.jpg 
 5日_03.jpg  5日_04.jpg

2月5日の給食には、人気の揚げパンが登場しました。

揚げパンは、給食室の手作りです。
パン屋さんから届いた小型パンを油で揚げ、シナモンシュガーをまぶします。

美味しく作るコツは2つ。

々皺垢量で揚げる
高温で揚げると、パンが余分な油を吸わないので、くどくなりません。

揚げた後、ひと息置くこと
軽く熱をとってからシナモンシュガーをまぶせば、砂糖が溶けないのでベタッとしません。

シナモンシュガーの割合は、砂糖:シナモン=10:1で、事前にふるっておきます。

給食では、食中毒予防のために、加熱前をパンを扱う人、パンを揚げる人、味付けして箱詰めする人と、作業を分担しています。また、揚げたパンの中心温度が85~90度以上、1分半加熱されたかを確認します。さらに、揚げた後は、消毒済みのトングを使って味付けや箱詰めを行います。

これからも、安全・安心・美味しい給食作りに心がけて、喜んでいただける給食を提供します。


2019年1月23日(水曜日)

 23目.jpg

  学校給食週間3日目のテーマは、全ての料理に岐阜県産の食材を使う「ふるさと食材の日」です。

  今日の献立は五平餅、牛乳、きのこうどん、あられ煮、キウイフルーツです。

  岐阜県の飛騨地方や東濃地方の郷土料理・五平餅。神社でおはらいのときに使う「御幣」に形が似ていることから、

この名前がついたと言われています。給食では、岐阜県産のお米「あさひの夢」で作った五平餅に、ごまやくるみを

入れて作った味噌をつけていただきます。

  キウイフルーツは、関市洞戸地区で40年ほど前から栽培されています。昼と夜の気温差が大きい地区のため、糖度が

高いキウイフルーツが育ちます。

  この他にも、岐阜県産の大豆「ふくゆたか」を使って岐阜の味噌屋さんが作った「岐福(ぎふ)味噌」や、油揚げ、人参、

むき枝豆、牛乳など、たくさんの岐阜県産食材を使用しています。

  地産地消のメリットを考えながら給食をいただく、貴重な機会でした。ご家庭でも地産地消について話題にしてみてください。



2019年1月23日(水曜日)

 22日.jpg

  学校給食週間2日目のテーマは、友好都市である中国の「杭州市」の料理です。

  中国は国土が広いため、地方ごとに料理の特徴が様々です。杭州市は上品な味と美しい盛り付けが特徴で、

新鮮な魚介や野菜、きのこなど、多彩な食材の味を生かして、あっさりと味付けされます。西湖の魚を使った

甘酢あんかけや、さっぱりとした塩味の炒め物などが有名です。

  そこで、今日の献立は米飯、牛乳、白身魚の甘酢あん、野菜の塩炒め、筍と豆苗の卵スープです。

  岐阜市は1955年ごろから杭州市と交流があり、1979年に友好都市となりました。平成元年(1989年)には、

提携10周年を記念して、岐阜公園の北部に「日中友好庭園」が造られました。


2019年1月21日(月曜日)

21日.jpg

1月21日から25日は、岐阜市の学校給食週間です。これは、24日から30日までの全国学校給食週間にちなんで実施されます。

1日目の今日のテーマは、H29年度岐阜県教育委員会主催のGIFU食のマイスタープロジェクト事業「中学生給食選手権」で

アイディア学校給食賞を受賞した岐阜中央中学校の生徒考案『夏バテ解消元気メニュー』で、ひじきご飯、牛乳、豚肉しょうが

焼き、小松菜のおひたし、大根の味噌汁、南濃みかんです。

全力で運動に取り組める丈夫な体を作る給食として考案されたこの献立には、疲労回復、貧血予防などに効果がある栄養が摂取

できる工夫がされています。また、みかんを加えることで、ビタミンCの働きによる鉄分の吸収アップを狙っています。

夏だけでなく、体力が低下しがちな冬にもいただきたい献立ですね。


2018年10月6日(土曜日)

IMG_8108.jpg 

10月5日の給食は、信長まつりにちなんだ献立「赤飯、牛乳、サケのおろしだれ、煮しめ、すまし汁」です。

 日本で昔からお祝いごとに食べられてきた赤飯。昔は、赤色には災いをさせる力があると考えられており、魔除けの意味を込めて食べられていました。子どもたちには、給食を通して日本の食文化を知ってもらいたいと願っています。

 主菜には、旬を迎えるサケを取り入れました。揚げたサケに、さっぱりとしたおろしだれをかけていただきます。おろしだれには小ねぎを加え、彩りよく仕上げました。サケは、身だけでなく、皮も栄養が豊富です。記憶力を高める栄養もたっぷり含まれているので、日ごろから魚の皮まで食べる習慣をつけると良いですね。


2018年5月29日(火曜日)

 01_4.jpg 02_4.jpg  03_5.jpg  04_3.jpg 

5月25日の給食は、「味の旅」兵庫県の献立で、
米飯、牛乳、ハタハタのから揚げ、黒豆のごまあえ、ばち汁、ゼリーです。

兵庫県はハタハタの一夜干しの巨大産地でもあります。兵庫県で獲れるハタハタは卵がない分、身に脂がのり、旨味が強いと言われています。

黒豆の中でも、「丹波黒」は兵庫県の特産です。今日の黒豆は、給食室で水に浸けて戻し、じっくり下ゆでしてからごまあえにしました。さっぱりしたあえものに、もちもちの食感の黒豆は、新鮮な組み合わせでした。

ばち汁は、「ばち」と言う麺が入っています。
そうめんが有名な兵庫県。そうめんを伸ばすときに棒に引っかけた両端が、三味線を弾くバチに似た形になることから、この部分を「ばち」と呼ぶようになりました。

いつもと少し違った献立でしたが、子どもたちは美味しそうに食べていました。


2018年5月22日(火曜日)

01_3.jpg  02_3.jpg  03_3.jpg 
     

ふるさと食材の日

今日の岐阜市の献立は、
米飯、牛乳、豚肉のスタミナ焼き、沢あざみのきんぴら、岐福(ぎふ)味噌汁です。

月に2回の「ふるさと食材の日」で、全ての献立に岐阜県産の食材が使われています。

中でも特徴的なのが、沢あざみと味噌です。

沢あざみは揖斐川町(旧春日村)の特産物で、岐阜県が「飛騨・美濃伝統野菜」に認証している野菜です。見た目はフキのよう、形はセロリのようで、独特の風味が特徴です。今日は千切りにして、きんぴらにしました。

味噌は、岐阜県でとれた「ふくゆたか」という大豆を使い、岐阜市内の醸造所で、学校給食のためだけに作っていただいています。岐阜市の小学生に名前を募集し、「岐福(ぎふ)味噌」と命名されました。岐阜県でとれた「ふくゆたか」を使用していることや、食べて幸福になれますようにとの願いから、「岐福」と書いて「ぎふ」と読みます。

地産地消の良さをも子どもたちに伝えるとともに、地域に広がっていくことを願って、今後も岐阜市の給食に積極的に地場産物を取り入れていきます。


2018年5月11日(金曜日)

5月9日の献立は、一食麺、牛乳、かやくうどん、かき揚げ、たけのこの土佐煮です。

かき揚げは、調理員さん手づくりです。
たくさんの材料を、人数分になるように数えながら分け、ひとつずつ油に入れていきます。浮いてきたかき揚げの中心温度をはかって安全が確認されたら、クラスごとに配缶していきます。時間も手間もかかり、体力を要する献立ですが、やはり手づくりは美味しいので、調理員さんたちは子どもたちの喜ぶ姿を思い浮かべながら調理をしてみえました。

その想いが子どもたちに伝わったからか、かき揚げは大好評。

アミエビと大豆が入っていたので、カルシウムと鉄分もしっかりとれて、風味もいいという、一石二鳥のかき揚げでした。

旬のたけのこは、鰹の旨味がしっかりと味わえる土佐煮です。薄味ですが、味がよくしみ込んで、美味しい煮物に仕上がりました。子どもたちもたけのこのようにすくすく育ってほしいものです。

02.jpg03.jpg04.jpg

05.jpg06.jpg08.jpg


2018年1月26日(金曜日)

学校給食週間5日目のテーマは『ふるさと食材の日』で、全ての料理に岐阜の食材が使われています。

献立は小型米粉パン、牛乳、けいちゃん焼きそば、飛騨牛コロッケ、フルーツヨーグルトです。

岐阜県の学校給食の牛乳は、昭和37年からずっと、岐阜県内の牧場でとれた牛乳を岐阜県内の工場で容器に詰めています。これは、全国的にも珍しいことです。

パンやソフト麺の小麦粉は、50%が岐阜県産で、「さとのそら」という品種です。業者さんが、品種の特徴に合うパンや麺が作れるよう、試行錯誤を繰り返して今の味ができました。

飛騨牛は、岐阜県内で14か月以上飼育された黒毛和種のうち、肉質が5〜3等級のものに与えられる銘柄です。きめ細かさと柔らかさ、芳醇な味わいが特徴です。今日はコロッケに入っています。

鶏ちゃんは、奥美濃地方の郷土料理で、味噌味、塩味、しょうゆ味など、様々な味つけが楽しめたり、親鶏、若鶏、モツ、皮など、肉の種類様々です。今日は郡上味噌を使い、鶏ちゃん焼きそばにしました。焼きそばを大量に作るのはとても難しく大変ですが、ていねいに作りました。

今日も、たくさん食べてくれて、残菜がとても少なかったです。

5日目_01.jpg     
  5日目_03.jpg  5日目_04.jpg 


2018年1月26日(金曜日)

2018年1月24日(水曜日)

2018年1月24日(水曜日)

2018年1月22日(月曜日)

2018年1月10日(水曜日)

2017年11月9日(木曜日)

2017年9月4日(月曜日)

2011年3月10日(木曜日)

2011年1月27日(木曜日)

2011年1月27日(木曜日)

2010年10月6日(水曜日)

2010年10月4日(月曜日)

2010年10月1日(金曜日)

2010年9月17日(金曜日)

2010年9月16日(木曜日)

2010年9月16日(木曜日)

2010年9月16日(木曜日)

2010年9月13日(月曜日)

2010年9月13日(月曜日)

2010年9月8日(水曜日)

2010年9月6日(月曜日)

2010年9月3日(金曜日)

2010年9月2日(木曜日)

2010年9月1日(水曜日)

サイト内の検索
カレンダー
前月2019年 11月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<今月>
Google検索

ページトップへ

三輪南小学校みわみなみしょうがっこう

住所:501-2577 岐阜県岐阜市太郎丸1034番地 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-229-1013 FAX:058-229-1137

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.