メニュー
地域コミュニティ
サイト内の検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


学校ニュース

2017年7月20日(木曜日)

7月20日(木)  1学期終業式 キーワードは「本気」  

 73日間(1年生は72日間)の1学期が本日で終了しました。

本日は、大変むし暑い中での終業式となりました。校歌、校長先生の話、代表生徒の作文発表と続き、

その後、生徒指導の話、体育祭応援順の決定を行いました。条件の悪い中ではありましたが、

ほとんどの生徒が顔をあげて話に聴き入る落ち着いた会になりました。話の内容は次のようでした。


 校長先生のお   

〇 ここ5年間の中で、この1学期がもっとも環境美化が安定して整えられている。環境美化の充実は、

  「学び」に深くつながる要素である。

〇 あたり前にやることができるようになってきた。「本気の週」の取り組みのように、本気になると

  すばらしい力を発揮するみなさんであること。考えていかねばならないことは、その「本気」を

  自ら出していけるかどうかということ。

◆ 人と人が共に生活をしいると、どうしても「人間関係のトラブル」が生まれてくる。それを、どのように

  もっともよいかたちで解決していくか。それを見つけていくことが、成長していくということにつながる。

  相手を認めて共に生きていく姿勢が大切である。暴力・無視・陰口などは、最悪の解決方法である。

◎ 2学期は、これらのことを踏まえて一層の成長をしていってほしい。

◎ 夏休みは、いろいろな体験や活動を通して、新たな自分の力を発見してほしい。


 代表生徒の作文発表 (3年 中島 綾音さん)   

 学級委員を通して自分自身が成長できたことを話してくれました。その内容をまとめてみました。

 2年生で学級委員をしたときは、その責任と不安に押しつぶされそうでした。でも、支えてくれる仲間がいて、

時には仲間に頼ることも大切なことであることを学びました。3年生になり、再び学級委員になりました。宿泊研修前の

取り組みで給食の着席・配膳時間の向上に取り組みました。呼びかけをしていると、給食当番や保健体育委員の人たちが進んで動いてくれました。

リーダー会では真剣に話し合ったこともありました。他にも遅れてくる人に自ら声をかけてくれる人たちもいて、時間の新記録が出た

ときは拍手がわきました。声をかけてくれる人がいて、今までできなかった人も応えようとしてくれる、そんな姿を

見ることができました。2学期は自分の周りの人たちを支えられる人になっていくことを目標にしていきたいと思います。


(校長先生のお話と中島さんの作文には、共通して、人と人が共に生きていくために大切すべきことが示されている気がします


生徒指導の先生の話

◆自転車のあぶない乗り方に注意すること

 ・歩道を横に広がって自転車に乗らない。 ・道路を斜め横断しない。

◆水の事故 ルールを守って 命を守る

◆不審者に注意



DSCF8622.jpg  DSCF8626.jpg  DSCF8627.jpg 
DSCF8629.jpg     

 





 


記事
カレンダー
前月2017年 12月翌月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
<今月>
Google検索

ページトップへ

長森中学校ながもりちゅうがっこう

住所:500-8226 岐阜県岐阜市野一色4丁目11番1号 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-245-5191 FAX:058-245-5192

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.