メニュー
地域コミュニティ
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


  本校は、昭和49年に長良小学校から分離独立し42年目を迎えた学校です。教育に深い理解と熱意をもつ地域の人々、児童の保護者、本校に集う教師集団の英知、そして、活動的な児童らによって、本校の新しい伝統が築かれています。

本校正門を入った正面に高さ2.1メートルの「啐啄」の二文字が刻まれた石碑が建っています。鶏が卵を孵化させる時、卵中の雛が殻を破って出るために内からつつくのを啐と言い、雌鶏が外からつつき破るのを啄と言います。啐啄は、この両者が同時に行われることから、師弟の機縁相熟するたとえです。学校の教育目標に掲げる自主、連帯、創造、実践行動、健康を柱とした調和のとれた児童像は、啐啄の碑の意図するところを組み込みつつ、本校教育の確かさとなって結実するものと考えます。

 校区は、北にそびえる雄峰百々ヶ峰、南に流れる清流長良川にはさまれた平地であり、金華山を仰ぐ風光明媚な地域です。このあたりは、縄文遺跡をはじめ岐北古墳群の一角として、多くの古墳が点在しています。また、雄総護国之寺の文化財が物語るように、古くから文化の開かれた地域です。現在、真福寺付近では稲作、古津、中川原、志段見、雄総では果樹栽培が盛んに行われています。特に、果樹栽培地域ではいちご、ぶどうが多く生産され、それらの一部は「いちご狩り」「ぶどう狩り」として観光にあてられています。校区には、東長良中学校、長良高等学校、岐山高等学校、長良特別支援学校があり、岐阜市有数の文教地区でもあります。

啐啄の石碑.JPG教科担任制の授業で学習に励む児童.JPG第40回 運動会 応援合戦.JPG「長良」に生きる人とのふれあい.JPGはぐるま活動に取り組む児童_1.JPG

 

長良東小学校校歌  作詞 平光善久  作曲 兼田 敏

 

一、歴史きびしく そびえたつ

金華の峰と 百々が峰

仰ぐひとみの かがやきに

自主の誓いの 誇りあり

長良東小学校

伸びやかに 学ぶ

二、清き流れの 長良川

りりしく泳ぐ 鮎の子が

こころやさしく 寄せ合って

みがくいのちに 光りあり

長良東小学校

たくましく 育つ

三、みどりゆたかに 恵みある

長良の土を 踏みしめて

日々に新たに 創りゆく

目指す未来に 望みあり

長良東小学校

かぎりなく 進む

 

 ここをクリック → 平成27年度 学校経営の全体構想 

 

 

 

 


サイト内の検索
カレンダー
前月2019年 12月翌月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
<今月>
Google検索

ページトップへ

長良東小学校ながらひがししょうがっこう

住所:502ー0056 岐阜県岐阜市長良真生町3丁目9番地 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-233-7203 FAX:058-233-7294

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.