メニュー
地域コミュニティ
サイト内の検索
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


最新の記事

  • 学級のカラー(3年生)

    2016年12月18日(日曜日)

    3-1_31.JPG  3-2_5.jpg 3-3_31.JPG                                3-5_27.JPG 
     練習時間を少しでも生み出そうと,互いに声をかけ合って活動を開始する。演舞と合唱を成功させるために,一丸となって取り組む一人一人から,確かな熱量を感じる。それは1組のカラー「可能性を求めて最善を尽くそうとする想い」が大切にされているからだ。 2組には学級のカラー「願いを強くもち,満足するまでひたすらに努力しようとする想い」を大切にしようとする仲間がいます。合唱や劇の成功のために学級一丸となって全力で取り組みたいという願いをもって,現状に満足せずに日々の練習に取り組んでいます。 3組が目指すのは「リアリティ」と「クオリティ」どうしたら本物らしく見えるかを考え,道具を作ったり,演技を考える。人に感動を与えるためには,どこまで高めたらいいのか。どうすれば納得できるのか。「自分の可能性を信じ,納得するまで挑み続けようとする想い」が表れる劇と合唱をめざし,努力を続けている。 学級のカラーである「最大限の力で取り組もうとする想い」は今,学級文化活動を通して表れ始めています。学年文化交流会の合唱や劇を少しでも良いものにしようと,一人一人が自分の役割を誠実に果たし,時間を生み出すために様々な仲間が学級に声をかけています。 5組のカラーをダンスで表現しようと,毎日朝から練習したり話し合ったりして,さらに高めていこうとする姿がある。仲間と5組の文化活動に向き合い,孜々営みながら求めて創り上げているからだ。それは「全力で挑み自分らしさを発揮しようとする想い」を大切にしているからだ。
  • 学級のカラー(2年生)

    2016年12月18日(日曜日)

     2-1_29.JPG 2-2_3.jpg 2-3大きさ変更.jpg 2-4_32.JPG                                              
     保健部員の「みんなが健康に」という願いに応え,班員が正しい手洗いを示したり,ハンカチの所持を確認したりするなど,部班活動を工夫する動きが出てきています。このように1組の学級のカラー「納得するまで挑み続けようとする想い」が日常活動にもあらわれてきています。 学級文化活動の取組を全員で成功させようと一人一人が全力で取り組む姿ができてきた。そんな仲間に付き添い,「上手くできたね」「すごいね」と励ます声が出てきた2組の姿が学級のカラーである「一人一人が納得するまでやり抜く姿」を現している。 誰かに声をかけられるのではなく,自分が美しいと思えるようにロッカーの整頓にこだわることで,美しい教室環境を創り出すことができた。そこには,3組のカラーである「納得するまで粘り強く取り組み続けようとする想い」がにじみ出ている。  いつ見ても美しく整頓されたメインバッグが並んでいる。そんな教室環境を全員で創り上げることができた。それは現状に満足することなく,「『もっとこうしたい』とやり抜こうとする想い」を大切にしてきたからだ。 授業評価を確かなものにしようと,自分の役割を果たしたり,2分前に着席し,雰囲気を創る動きが,学級全体に広まってきた。それは,一人一人が「満足のいくまで努力しようとする想い」を大切にしてきたからだ。
  • 学級のカラー(1年生)

    2016年12月18日(日曜日)

    1-1_29.JPG  1-2_33.JPG 1-3_29.JPG                                                  1-5大きさ変更.jpg  1-6_22.JPG
     「本当にその役割が私に務まるのか?!」という気持ちと向き合い,真剣に考える姿や,仲間の勇気を認め,励まそうとする姿が学級文化活動の役割決めで生まれ始めた。勇気をもって力強く一歩踏み出す想いは1組の様々な場面に表れ始めている。 楽譜にポイントを書き込み,全員が共通理解をもって合唱に臨むことができるようにしている。練習から真剣に取り組む一人一人の姿には,2組のカラーである「自分のもてる力を発揮しようとする想い」が表れている。 「少しでも練習時間を作ろうよ。」そんな言葉かけが授業終了とともに飛び交うようになってきた。休み時間になると教室からあふれる歌声から満足するまで自分から挑戦しようとする想いが表れている。 「さらなる高みを目指し,思いっきり挑戦しようとする想い」その想いは,掃除に取り組む姿や学習において,自分の考えを伝えようとする姿に表れている。今まで気付かなかった汚れに向き合い,指先に力を込めて取り組もうとする姿こそ,4組が大切にしている姿が表れている姿だ。 学級文化活動の取組の中で,「もっとこうしたほうがいいんじゃない?」「合唱練習をする時間をもっと生み出そう」という声が増えてきた。5組の大切にしてきた 「よりよくしようと自分から挑もうとする想い」が様々な場面に表れている。 「自分にできるか。」「このままでいいのか。」不安や葛藤の中,文化活動の役割決めを行った。その中で,仲間を認め,叱咤激励し,目指す方向を確認した。これまでの過程で大切にしてきた「もっともっとを大切にし前進し続ける想い」を表現する一歩を踏み出した。
  • 岐阜市駅伝 男子4位入賞!!

    2016年12月10日(土曜日)

  • 後期メイン活動(1年生)

    2016年11月13日(日曜日)

    1-1_28.JPG  1-2_31.JPG 1-3_28.JPG                                 1-5saizu.jpg 1-6saizu.jpg
      オリジナル掃除道具を製作する仲間。仲間の成長を見つける度に喜ぶ整美部員。教室掃除ではタイル1枚をギュッと力を込めて100回以上も磨く姿があった。互いのよさを励まし合うことで,力強い一歩に自信がもてるようになった。  ただ掃除をするのではなく,仲間がきれいな環境で気持ちよく生活できるようにしたいという願いをもち,歯ブラシを使うことで汚れを落とすことができた。自分にできることを考え,もてる力を発揮しようすることができた。  「自分の掃除場所はどこよりも美しくしたい」と思い, 自分から汚れている場所をさがしたり, 掃除道具を自分で工夫したりすることができた後期メイン活動。もっともっとと, 自分が満足するまで取り組むことを通して, 一人一人が自分から挑戦することの大切さを実感することができた。 「もう一度,歌いたい」と思える合唱を目指して取り組んだ後期メイン活動では,「歌おう!」自分から仲間に声をかける姿や菓子カードをじっくり見て,合唱に取り組む一人一人の姿があった。そんな自分への思いっきりの挑戦がさらなる成長につながった。  「自分がやろう」と活動の質を高めることに挑んだ後期メイン活動。円陣バレーでは,動きや配置を工夫して回数を増やそうとする姿,清掃活動では今まで気にしていなかった場所を自分から見つけて磨きぬく姿があった。そんな個人の願いが活動の質を高めることにつながった。   教室からは見えない下駄箱が整うようになった。教室のロッカーを美しくしようと,自分の分だけでなく、仲間の分まで見るようになった。お互いに声をかけ合って,さらに美しくする姿があった。お互いが励まし合い,努力を続けようとすることで、いつでも美しい環境を生み出せた。
過去のニュース
記事
カレンダー
前月2017年 2月翌月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
<今月>
Google検索
アクセスカウンタ
今日 : 7878
昨日 : 9595
総計 : 212131212131212131212131212131212131

ページトップへ

陽南中学校ようなんちゅうがっこう

住所:500-8353 岐阜県岐阜市六条東1丁目1番1号 [学校周辺地図を表示する]

TEL:058-274‐0055・274‐0083 FAX:058-274‐0083

Copyright © 2007 岐阜市教育情報化推進プロジェクト  Powerd by ARCHES Co. Ltd.